キッチンリフォーム

キッチンリフォームで押さえておきたいポイント

キッチンリフォームで押さえておきたいポイント

「キッチンが手狭で困っている……」
「システムキッチンが古くなってきたので新調したい」
「家族と喋りながら使えるオープンなキッチンが欲しい」

キッチンリフォームで押さえておきたいポイント

そんなご要望があるなら、キッチンリフォームの考えどき。業者にリフォームを依頼するときは、「キッチンのどの部分を、どのように変えたいのか」というイメージを持っておくとスムーズです。あらかじめ考えておきたいポイントについて知っておきましょう。

キッチンのタイプ

キッチンは、「料理に専念したい」「コミュニケーションを重視したい」など、お客様のご要望によって選ぶべきタイプが異なります。タイプ別の特性を知り、要望にあったキッチンを選べるようにしておきましょう。

クローズドタイプ

キッチンを、リビング・ダイニングから間仕切りなどで独立させたタイプです。「キッチンをあまり見られないようにしたうえで料理に専念したい」という場合にオススメです。

メリット デメリット
  • ニオイや煙がリビング・ダイニングまで届きにくい
  • 収納スペースが取りやすい
  • 散らかしても見えにくい
  • 配膳がしにくい
  • 家族とコミュニケーションが取りにくい
セミクローズドタイプ

吊り戸棚とキッチンの間の壁をなくした対面スタイルのキッチンです。「キッチンをあまり見られないようにしつつ、料理しながら家族とコミュニケーションを取りたい」という場合にオススメです。

メリット デメリット
  • 家族とコミュニケーションが取りやすい
  • 配膳がスムーズ
  • 収納スペースが取りやすい
  • 多少散らかっていても見えにくい
  • ニオイや煙がリビング・ダイニングまで多少流れていく
  • リビング・ダイニングにある程度の広さが必要
オープン対面タイプ

セミクローズドタイプ(対面キッチン)の吊り収納をなくし、シンク上をオープンにしたスタイルです。「開放感のあるキッチンで、家族とコミュニケーションしながら料理したい」という場合にオススメです。

メリット デメリット
  • 家族とコミュニケーションが取りやすい
  • 配膳がスムーズ
  • 開放感があり、広々と感じられる
  • 家族と一緒に料理しやすい
  • ニオイや煙がリビング・ダイニングまで流れやすい
  • リビング・ダイニングにある程度の広さが必要
  • 収納スペースが少なくなる
  • 散らかっていると目に付きやすい
オープンタイプ

キッチン本体を壁付けして、ダイニングと一体化させるスタイルです。スペースが限られている場合にオススメです。

メリット デメリット
  • 小さめのダイニングにも設置できる
  • 配膳がスムーズ
  • 収納スペースはそこそこ確保できる
  • ニオイや煙がリビング・ダイニングまで流れやすい
  • 散らかっていると目に付きやすい

キッチンのレイアウト

キッチンのレイアウトは、キッチンの形と配置によって決まります。キッチンに取れるスペースや使い方などを考慮して決めましょう。

キッチンの形
L型 I型
角に沿ってL字型に曲がっているキッチンです。左右の移動が少なく済み、2人でも作業しやすいのがポイントです。 シンクやコンロを一列に配置するキッチンです。省スペースな反面、平行移動で使うので左右の幅が広すぎると不便な場合もあります。
U型 II型
シンク・コンロ・冷蔵庫をコの字に配置して、作業や収納場所を多く確保。作業効率にも優れています。ただ広いスペースが必要で、価格も比較的高めです。 作業カウンターを二列に分けて配置。スペースがなくても対面式やアイランド型にしやすいタイプです。動線は短いものの、食器や食材などの移動で床が汚れやすいのが難点。
配置
アイランド型 ペニンシュラ型 壁付け型
キッチンが壁面に接さず、島(アイランド)のようになっているタイプ。作業しやすい反面、すべて丸見えになるので収納に配慮が必要です。 キッチンのカウンターを壁から突き出して半島(ペニンシュラ)のように配置します。対面式キッチンはこのタイプが多くなります。 キッチンが壁に面してくっついた配置で、I型・L型が一般的です。配管工事もしやすく、面した壁に窓をとることで明るい空間にできます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

TADAは高齢対応のキッチンリフォームに力を入れています
都筑区を中心とした横浜エリアでキッチンリフォームを承っているTADAは、高齢者の方が快適に過ごせるリフォームに、特に力を入れています。足腰でつらいところはないか、高いところの棚で困ることはないかなど、お客様一人ひとりとしっかりお話ししながら、適切なリフォームをご提案します。どんなことでもお気軽にご相談ください。
高齢対応のキッチンリフォームで気を付けること

高齢者の方が使いやすいキッチンにもさまざまなタイプがあります。たとえば筋力の低下に配慮して開閉に力が必要な収納スペースを避けたり、手元や足下が見えやすいよう照明を明るくしたりといった工夫があります。

車椅子の方なら、キッチンは移動の少ないL字型キッチンをオススメします。棚の最上段を130cm程度にとどめるなど、「もし自分が車椅子に乗っていたら」という想像をしっかり働かせて、使いやすいキッチンをご提案します。

水回りリフォームならおまかせ下さい!